自然妊娠 確率

自然妊娠できる確率はどのくらい?

自然妊娠できる確率はどのくらいなのかというと、20代半ばから30代前半の方で25〜30%です。

ただし、これは生理周期が安定している人が排卵日を狙って夫婦の営みを持った場合の確率になります。

妊娠しづらいような何かしらの原因があったり、生理周期が安定していない人の場合には、もっと確率が下がってしまうでしょう。

また、自然妊娠できる確率は年齢と共に減少していき、30代後半で18%程度、40代前半で約5%、40代後半ともなると1%ほどだといわれているのです。

これは老化によって卵子の質が低下していってしまうためで、多少の個人差はあるものの、20代の女性よりも40代の女性の方が自然妊娠できる確率が低いのはまぎれもない事実です。

とはいえ、いくら若くても卵管が詰まってしまっていたり、子宮に異常があったりしたら、自然妊娠できる可能性が低くなってしまいますし、40代で自然妊娠した人も少なくありません。

確率というのはあくまでも統計的な数字ですから、あまり気にしすぎない方がいいでしょう。




TOP PAGE